B.データ定義

「縄文の知恵システム」では、多くの情報をデータベース・システム、ログ・ファイルなどに格納しています。以下にはその概要と2つのデータ定義について示します。

(1) データ構成
(2) プロジェクト定義
(3) プロジェクト定義⇒タスク定義

(1) データ構成

「縄文の知恵システム」では、表17-1 のように情報を保存しています。バックアップを行う為にはデータベース・システムに格納する情報 および 添付ファイル・ディレクトリに格納されるファイルを保存してください。データベースに格納される情報のバックアップ方法はご使用になられるデータベース・システムのマニュアルをご確認ください。

表17-1
格納方法 名称 管理名 備考
データベース・システム 基本情報テーブル general 1.1.0 で変更
おしらせテーブル news
おしらせ既読テーブル newslog
ちょっとテーブル chat
利用者情報テーブル usr
アクセス履歴 history
マーキング情報テーブル flag 1.1.0 で追加
所属部課定義テーブル section
職務定義テーブル position
予定/実績情報テーブル schedule
日実績情報テーブル schdaily
日報コメント・テーブル schdcmnt
プロジェクト情報テーブル pj
タスク・テーブル pjtask
プロジェクト・メンバー情報テーブル pjmember
プロジェクト補助情報テーブル pjinfo
プロジェクト履歴テーブル pj_log 1.1.0 で追加
投稿情報テーブル kiji
投稿既読テーブル kijilog
検索ルール情報テーブル agrule
文書テーブル docs
文書種別テーブル docstemplate
文書種別項目テーブル docstemptext
文書既読テーブル docslog
添付ファイル情報テーブル file
依頼テーブル comm
システム・ログ・テーブル syslog
ログ・テキスト・ファイル システム・ログ WEB-INF/log/joumon.log アクセスやエラー情報などを記録する。
検索キーワード・ログ WEB-INF/log/search.log 検索を行ったときのキーワードを記録する。
添付ファイル・アクセス・ログ WEB-INF/log/archive.log 添付ファイルへのアクセスを記録する。
添付ファイル 添付ファイルはファイル名はデータベースの添付ファイル情報テーブルに記録しますが、実際のファイルは名前を変更して、添付ファイル格納ディレクトリ(デフォルトパス:WEB-INF/../archive/)に格納します。

(2) プロジェクト定義

@ プロジェクト定義のボタンを押すことで表示されます。(表17-2)

表17-2
項目名 制限
プロジェクト名 255文字(全角127文字)
プロジェクト識別番号 255文字(全角127文字)
プロジェクトの目的 制限なし
顧客 255文字(全角127文字)
開始予定日 リストボックスより選択
終了予定日 リストボックスより選択
実行状態 計画中→実行中→完了・中止
プロジェクト固有項目 単数選択
タイトル 100文字(全角50文字)
内容 255文字(全角127文字)
顧客資料 単数選択
タイトル 100文字(全角50文字)
内容 255文字(全角127文字)
添付ファイル ファイル選択
既存添付ファイル 存在する場合リンク表示
メンバー 単数選択
メンバー名 リストボックスより選択
リーダー 複数選択可能
備考 255文字(全角127文字)

(3) プロジェクト定義⇒タスク定義

@ プロジェクト定義のボタンを押すことで表示されます。プロジェクト定義の各タスクのリンク・クリックで表示されます。 計画中・実行中(一部)は[編集]で変更できる項目が表示されます。(表17-3)

表17-3
項目名 制限
親タスク名 自動表示
タスク名 半角255文字(全角127文字)
タスクの目的 制限なし
タスクの種類 工程、作業タスク、マイルストーンより選択
担当者 リストボックスより選択
開始予定日 リストボックスより選択
終了予定日 リストボックスより選択
期間
コスト 数値(11桁まで半角全角不問)
成果物 存在する場合リンク表示
実行状態 自動表示
開始日 自動表示
終了日 自動表示
期間 自動表示
コスト 自動表示
作成者 自動表示
深刻度 リストボックスより選択
進捗管理対象 作業タスクにのみ存在し対象、非対称を選択