プロジェクト管理,プロジェクト管理ソフト,プロジェクト管理ツール,グループウェアの「縄文の知恵」
ホーム機能紹介

プロジェクト管理・グループウェア 縄文の知恵の機能紹介

縄文の知恵は、プロジェクト管理ソフト(ツール)の機能とグループウェアの機能を併せ持ったソフトウェアです。

動作環境

縄文の知恵の動作環境はこちら をご覧下さい。

機能紹介

プロジェクト作成
プロジェクト/工程/タスクを作成します。プロジェクトの工程・タスクを細かく分ける作業、つまり WBS (Work Breakdown Structure) をします。
進捗管理
作業にどのぐらい時間がかかっているのか、または進捗はどの程度進んでいるのかを確認することができます。
スケジュール管理
予定を立て、実績を報告します。予定と実績を簡単にマウスで入力する事ができます。入力した予定はホーム画面に表示され、今日の予定を確認する事ができます。
ガントチャート
ガントチャートでは、作業の進行状況を視覚的に見てどの程度進んでいるのかを把握する事ができます。
パート図
パート図では、プロジェクト管理において作業をいつまでに終わらせるかを視覚的に見ることができます。
文書管理
文書を各プロジェクトの工程ごとに管理することができます。工程ごとに分かれているので誰がどのような目的で作ったのか一目でわかります。
ポータル
縄文の知恵のトップ画面です。トップ画面にはお知らせ、現在参加しているプロジェクト、未読投稿や遅れているプロジェクトが表示されます。
依頼/通知
プロジェクトメンバーに依頼や通知をするときに使います。依頼または通知すると相手のポータル画面に表示され、返答しなければならない場合はポータル画面に残るので忘れることはありません。
掲示板
プロジェクトの工程ごとに投稿することができます。
在席表示
プロジェクトメンバーが今何をしているのか、または縄文にログインしている/いないが一目でわかります。
日報
日々の進捗や出来事を日報に記載しておく事ができます。プロジェクトマネジャーは進捗状況とメンバーがどんな作業を知ることができます。